失った歯の機能を取り戻す、快適な入れ歯

入れ歯は、失われた歯の機能を補う治療法としてもっとも一般的な補綴(ほてつ)治療です。「見た目がよくない」「すぐに外れてしまう」など入れ歯に対する抵抗感をお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、手術が不要で、どなたでも手軽にお使いいただけるのが最大の魅力です。また近ごろでは、見た目にも装着感にも優れた自費の入れ歯も数多く作られています。

入れ歯のメリット

治療費を抑えられる

保険診療の入れ歯の場合、治療費を安く抑えることができます。また、自費診療の入れ歯を選んだとしても、インプラント治療などそのほかの補綴治療に比べれば安価に済みます。

手術が不要で手軽に作れる

インプラント治療など手術が必要な補綴治療とは異なり、入れ歯は手軽にどなたでも作ることができます。

治療期間が短くて済む

入れ歯の作製期間は1~2ヶ月程度ですので、比較的短期間で失われた歯の機能を回復できます。

入れ歯のデメリット

自分の歯やインプラントで咬むよりも能力が格段に劣る

入れ歯はインプラントと異なり歯根がなく、歯ぐきにぴったりとフィットするように乗せているだけなので、咬む力が本物の歯の機能に比べて劣ります。

取り外しをしなくてはいけない

接着剤で固定するブリッジやインプラントと違い、入れ歯は取り外し式になります。銀のバネが見えたり、食べ物によって外れてしまうという事が起きてしまいます。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯を比較しています。ご参考にしてください。

  保険診療 自費診療
治療目的 最低限の機能の回復 機能の回復だけでなく、装着感や見た目の美しさ、耐久性が追求されている
使用する素材 レジン(歯科用プラスチック)に限定 金属(Co-Cr、チタン)+レジン
費用 保険適用となるため安く抑えられる 保険適用外となるため高額
(126,000~315,000円)
特徴
  • 食べ物の温度や味が感じにくい
  • 装着感に劣る
  • 部分入れ歯だと銀のバネがかかる
  • 食べ物の温度や味が感じやすい
  • 装着感に優れている
  • 見た目が自然で美しい
  • 耐久性に優れている

佐々木歯科クリニックの自費の入れ歯

バネがない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)(126,000円)

クラスプ(金属製のバネ)を使用しておらず、見た目には入れ歯だと分からないほど自然な見た目が特徴です。素材が適度に柔らかいため、擦れて痛くなりにくいです。

マグネットデンチャー(マグネット1箇所52,500円+入れ歯代210.000~262,500円)

強力な磁力でしっかりと固定されており、ずれたり外れたりする心配がありません。しっかりと咬めて洗浄も簡単にでき、審美性に優れています。

金属床義歯(チタン床:315,000円、Co-Cr床:210,000~262,500円)

強度に優れた金属を義歯床部分に使っています。薄く作られているため熱伝導に優れ、食べ物の温度もよく伝わるので食事をおいしく楽しめるのが特徴です。

※料金はすべて税込みです。

当院では、患者様のご希望やお口の状態に合った、快適な入れ歯をご提供できるよう努めております。初めて入れ歯を検討される患者様はもちろん、現在お使いの入れ歯に不具合のある方もお気軽にご相談ください。

歯科・小児歯科・口腔外科 佐々木歯科クリニック

東浦和駅から徒歩2分

土日診療で通院に便利

住所
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F
電話番号
048-816-5118

詳しい医院情報はこちらから

診療時間

35.8626573, 139.7062267

佐々木歯科クリニック
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F

35.8626573, 139.7062267