親知らずが痛くなったら・・・

「親知らず周辺の歯ぐきが腫れて痛い」「横向きに生えている」「親知らずが虫歯になった」など、親知らずのトラブルにお悩みの患者様は大勢いらっしゃいます。でも、“親知らずだから”といってすべてのケースで必ず抜かなければならないというわけではありません。親知らずが痛くなったら、まずは受診して患者様にとってベストな方法を考えていきましょう。

トラブルのない親知らずは大切に残します

親知らずが原因で虫歯になりやすくなったり、咬み合わせを乱したりするケースでは、抜歯が最善策になります。しかし、もし親知らず自体や周辺組織に何のトラブルも引き起こさないようであれば、抜かずに残しておいても問題はありません。将来、親知らずの手前の歯を失った場合に、歯を固定するための土台として活用することなどもできるため、できれば残したほうがいいといえるでしょう。

抜歯した方がいいとき 抜歯しなくてもいいとき

痛み・腫れが強い場合
腫れたり治まったりを何回も繰り返している場合
頭痛、肩こり、顎の下に違和感がある場合
虫歯が大きい場合
頬をかんでしまう場合

etc.

腫れや痛みなどがない
まっすぐ生えている
手前の歯の状態が悪く、将来親知らずを使う可能性があるとき

etc.

痛くなったら、まずは歯医者で現状を確認

咬み合わせの不正や虫歯などのトラブルを引き起こす原因となる親知らずがある一方、問題のない親知らずもあります。まずは、そのどちらなのかを見極めることが大切です。親知らずが痛くなったら、まずは佐々木歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。実際に診断をして、患者様の今後の健康な口腔内環境のために抜歯を行うか、温存して経過観察をするかを決めていきましょう。なお、全身管理が必要なケースや特殊な症例には、提携病院をご紹介する場合もあります。

歯科・小児歯科・口腔外科 佐々木歯科クリニック

東浦和駅から徒歩2分

土日診療で通院に便利

住所
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F
電話番号
048-816-5118

詳しい医院情報はこちらから

診療時間

35.8626573, 139.7062267

佐々木歯科クリニック
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F

35.8626573, 139.7062267